BLOG

久しぶりになっちゃいましたが、動画をアップしました。

めいが以前企画した「世界一ありがとう! チャンネル登録者300人ありがとう!記念 めいが作ったザクをプレゼント企画」へのリクエストが落ち着いたのでそれを踏まえてどんなザクを作るのか、めいに話してもらいました。


って内容なわけですが、ゆるゆるな感じでお送りしております^^;

こんなことをぐずぐずやっていたら登録者も600人に届きそうだし。。。

しかし、そろそろうちのチャンネルも広告が外れます。

やっと収入になるかと思ったら、規約が変わって1000人以上にならないとダメになりました。

テンションダダ下がりでございます。は~。。。


自分の時間が狩られるというヤツ、買ってしまいました。


昨年末にPS4を買って以来、すっかりゲーマー状態になってますね^^;

もともと好きなんです。

好きすぎるから遠ざけてただけなんですよね。。。


生まれて初めてのモンハン。

ウロウロ探索しまくれるのは楽しいですね!

ぜってー勝てない相手にちょっかい出して逃げたり、隠れたり、やられたり。

モンスターに勝とうとかあまり最初から考えないでゆるく楽しむのが僕には合ってます。

やっつけるより、「ぎゃー、怒ってるー!追っかけてくるー!たすけてー!」って逃げてるほうが面白いw


でも、このゲーム。おっさんの僕には字が小さすぎます。

チュートリアル、、、、ほとんど読む気がしなくて、システムがいまだによくわかってないところも。。。





狩りの世界でも釣りばかりして現実逃避。仮想世界でも現実逃避。。。

見えてる魚は釣れないっていうけど、この世界では釣れるようです。現実もこんなんだったら楽だなぁ。。。

昨夜も行ってまいりました、小樽南防波堤。


寒かったです。北風ピューピューです。


遊んでる暇はなさそうなのでさっさと釣れそうなポイントへ。



3投目でキタ!


25cmのハチガラ。正式名はオウゴンムラソイでしたっけ。

あまり大きくはならないけど、ずんぐりむっくりした体型でクロソイの2倍以上の体重があります。

引きが強くて僕は大好き^^

このサイズになるとなかなかお目にかかれないので嬉しかったです。

でも、いつか30cmオーバーのハチガラを釣ってみたいなぁ…。

自己記録は29cmなんですよね^^;


その後は風が強くなり、潮も早くてなかなか釣りになりませんでした。

小さくても元気なエゾメバルやシマゾイばかり釣れてクロソイは釣れませんでしたね…。


風が強くて寒さが半端ないし、波も高くなって危なくなってきたのでさっさと撤収。

そろそろ違う釣り場でも遊びたくなってきました。天気よくならないかなぁ。

-10℃以下の寒い日々が続いていてなかなか釣りに行けなかったけど、先週の木曜日だったかな? 我慢できずにいつものホームグラウンドへ夜釣りに行ってきました。


風はないけどマイナス8℃くらい。。。



波のおだやかな場所では表面が凍って、流氷みたいに流されてきますw

この氷板がどっかに流れてくれないと釣りになりません^^;


開始してから30分ほどでゆるめに設定してるドラグからビビビビーーっと糸が出て行きました。

明らかに大物の手応えですが、前回慌てて逃がしてしまったのでここは焦らず騒がず冷静に。。。


糸が切れそうだったけどなんとかランディング^^;



釣り場には僕一人しかいかなかったんで遠慮なく一人ではしゃいでましたw



40いったかな?ってくらい分厚くて頭のでかいヤツだったけど、37cm。

気がつけば僕の自己記録更新です。


僕は2年くらい?ロックフィッシュでクロソイ狙いを続けているのにいまだに40cmを超えていないんですww


遠くに行くのが最近億劫っていうのもあるけれど、小樽のこのホームグラウンドでどこまで出せるのかなって半ば意地になっているところもあります^^;

違う場所でも大きいのが釣れたら全然嬉しいんですけどねw


この日はすぐに指が寒さで限界になったので2時間もやらないで撤収。


翌日、またいいことがないかと糸を垂らします。



しかし、数は出るけどサイズが伸びず。

でも、けっこう楽しめました。


そして昨日の2/4。

20時半に仕事から帰ってきて、すぐにご飯食べて21時すぎには釣りへ出発w

気温がマイナス3℃くらいまでにしか下がらない予報だったんで行きたかったんですね。


21時半すぎに釣り場に着いたらちょっと風がある感じ。お気に入りのポイントまで歩いてたどり着いたらときおり爆風。。。


なんだか不安定な天気だなぁと、とりあえずキャストしたらいきなりの良い手応え!



いかつい顔のヤツをゲット^^


35㎝以上あるような体型でしたけど、なぜか33㎝しかなかった不思議なヤツ。。。

その後は10分に1匹はキープサイズが釣れるような感じだったんですけど、1時間くらいしてパタっとアタリがなくなりました。。。

風も強くなって、潮も早くなったせいかなぁ。。。

シンカーを重くすればいいのか、でもここじゃあ根掛かりするだけだしなぁ。。。


色々考えましたが、なぜかしらないけどここんところ調子がいいからこのへんで切り上げようって帰ることにしました。


すると帰っている途中でぎゃばめんな人たちに遭遇しまして。。。


終わりになるまでライブ配信してるの気がつきませんでしたw


すぐに帰ろうと思ったんですけど、彼らと話していたらなんだか面白くて、結局最後までご一緒することに。


爆風のなか、たいしたアタリもなく結局5時間も釣りをしていたのでした。。。

よくやるよね、ほんとw



気温は低め、ちょっと風もあるけど、釣りにいけないこともない。

北海道の冬の日本海は時化てばかりなので、行けるときには行っておきたい。

ってことでちょっと遅めのスタート。夜の10時半にホームグラウンドの南防波堤に到着。

マイナス3度って車外温度計は表示してるけど、実際はもっと寒いです。

防波堤の基部ならこれくらいの温度ですけど、先のほうへ行くと温度は下がり風も強くなるのでわりと過酷でございますw


この日は普段使わないワームを使ってみようと、ガルプのサンドワームで。



そしたら釣れる釣れる。

小さいのがいっぱいw


ちっこいガヤ、いやエゾメバルって言うことにしたんだっけか、それがガヤガヤ釣れます。

はっきり言って邪魔くさいですw

やっぱりガヤですw


寒いし、ちっこいので写真を撮るのがかなり億劫になりますね、この季節。

写真は撮ってませんが活性は良いようで今夜はよく釣れました。


しかし、小物の数釣りをしても仕方がないのでやはりいつもの定番ワームで。

向かい風も強くなってきたのでシンカーはいつもよりちょっと重めで。

そうしたら、さっそく釣れる対象に変化が。20センチですがシマゾイさん。

30センチくらいのアブラコさん。


しかし、僕が釣りたいのはやっぱりクロソイなんだよなぁ。。。

活性は良いほうだと言っても厳冬期の魚にしてはってところなのでワームを泳がせて釣れるわけではなかったです。


魚たちは動きが鈍くなってるのでスローに、かつ目の前にワームを通してやらないと食ってこないのです。


向かい風ということでいつもより重いシンカーでやっていたのですが、これだとこの南防波堤ではスローに誘っていたら根掛かりしてしまいます。


やはりいつもどおりの鉄板の誘いをしなくちゃだめかなぁといつもどおりのやり方に戻します。


ただ、いつもどおりだと飽きるんですよね。。。それが通い詰めて辿り着いた結論だとしても^^;


それぞれの釣り場でその釣り人にあった鉄板の攻略法ってあると思います。


僕の場合、南防波堤では7fくらいのロッドで、リールはシマノの2500番、ラインは細めのPE(号数すぐ忘れる。。。)とフロロのショックリーダー、シンカーは2号の中通しオモリつまりは7g、ワームはガルプのパルスクローで色は赤。




これが僕の黄金パターンです。これで反応が無かったら他のワームにチェンジしますけど、あまりチェンジする必要はないです。この場所でこれほど効くワームは他にありません。


重要なのは誘い方ですが、これが横着な僕にピッタリでして。

スタンダードなリフト&フォールをするわけでもなく、ステイするわけでもなく。

キャストして着底したら障害物を感じながらゆるりゆるりと巻くだけですw

コツンと根掛かりしそうな気配を感じたら、ぐっと引っ張らないで横にスィーっと引いて根掛かり回避。その後は欲張らずにさっさと回収して、またキャスト。


南防波堤の際の水底は2段から3段の階段状になっていて、場所によって捨石があります。それらをコツコツ当てたりかわしながら手前に引いてくイメージです。僕はよく2段目のブレイクで魚を狙っています。


で、いつものパターンに戻したらさっそくクロソイがヒット♪

わりと数は出ますがサイズが出ません。この子は25センチで結局この日の一番でした。

できればもうちょっと大きいのがほしいなぁ。と狙っていても25センチ未満のクロソイばかり。。。


すると、年に数度の大物の手ごたえが!!


やったぜ!今年は幸先がいいやと喜んで寄せてきたら、スポーンと抜けました(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ ) '`,、ワラエナイヨ


キャストして着底する前に食ってきたので、ちゃんとフッキングしてなかったんですね。。。

フッキングしてからファイトすればよかった。。。

あまりに久しぶりの手ごたえだったんで慌てちゃったよ。。。


またしばらくして違う場所で同じく良い手ごたえ!

さっきの逃した魚とは違う魚、これは40アップのアブラコの手ごたえじゃーって喜んで、さっきはフッキングミスしていたので今度こそしっかりフッキング。

逃すものかーっとぐいぐい寄せていたら、強引すぎたのかプチーーーンっとラインブレイク。。。


滅多に切れる糸じゃないのになぁ。。。寒さで弱くなってる?やっぱり強引すぎた?寒さでちゃんと結べてなかった??とかなりがっくり。。。


がっくりしながらしっかりとフックを付け直して、キャスト。するとまたすぐにヒット。

いつものサイズのクロソイって感じ。

このサイズだと大丈夫だろうけど、切れたばかりなので強引に寄せたら切れるんじゃないかとビビリます。弱腰でゆっくりと寄せます。。。潜られます。。。


あちゃー。強引でも消極的でもダメなのなぁ。

こういうときは焦らず、タバコでも吸って、一服し終わったくらいで気を抜いた魚を引っこ抜こう、と竿を置いてタバコに火をつけました。


すると突然、魚が活動再開w

危うくロッドを海に持ってかれそうになりましたw


慌てて引き抜いて上陸w

サイズはないけれど、なかなか思い出深いクロソイになりました。


この日は早めに切り上げようと思っていたけれど、大物を取り逃したり、2回投げたら1回ヒットするような状況だったのでついつい楽しくて気がつけば深夜2時。


活性が高いこともあって、自分の釣り方とか厳冬期に気分転換してる時間はあまりないなとか、大物へのワクワク感を思い出せてくれたりとか、いろいろ収穫の多い釣りでした^^


2,3日前だった思うのですがまた夜釣りへ。

風もないし、気温はそれほど低くない予報だったので行ってきたのですが、いつも釣り人が数人はいるはずの小樽南防波堤に誰もいない・・・。

こういう日は良かったためしは無いけれど、広い釣り場を独り占めするのもあずましいべと思って釣り開始。

最初の30分はメタルジグでニシンがかからないかとお試し。


・・・ガヤしか釣れないし、トレブルフックを飲み込んじゃうガヤは取り外しが大変だし。。。


メタルジグやーめたw


そもそも早い誘いにはこの季節は魚がついてこれないし、スローな誘いをメタルジグでやろうとするとここではすぐに根掛かりしちゃうのよね。。。


で、いつものロックフィッシング。

1時間やっててやっと釣れたw

細いし。。。


また釣れたけど細いし小さいし。。。

30オーバーの手ごたえがそろそろほしいぞ。。。

とやっていたら、釣果が寒いからか、風も出てきてものすごく寒い。。。

気温以上に寒いんですけど。。。体感温度は確実に-5℃以下です。


と、ここで根掛かり。ショックリーダー根元から切れるし。。。


いつもならここで心が折れてやめるんですけど、今夜はもうちょっとがんばろうとかじかむ手で一所懸命ショックリーダーを結びます。携帯している飲み物がすでにシャーベットになってるくらいの寒さですw


がんばった甲斐はありました。

結び直してすぐに28センチくらいの。できれば30超えてほしかったけど、引きがよかったのでヨシとしましょう^^

小樽にしてはよいサイズのガヤも。ガヤって引きがいいよね。

ぎゃばめんTVのはなはらさんが言うようにガヤって呼び名が悪いかもね。

ありがたみがない。

僕もエゾメバルって呼ぶことにしよう。めんどくさいけどw


あ、同じ日にぎゃばめんな人たちは違う場所に行ってたようです。

僕も30オーバー釣りたいなぁ。



めいへのインタビュー最終回の動画をアップしました!

めいの考えるガンプラの魅力、将来の夢、今後のことを話しています。


その中で急遽発生したのが「視聴者プレゼント」!(笑)


めいがザクを制作してそれをプレゼントします^^

どんな仕上げがいいのか、ご要望があればコメント欄にコメントしてくださいませ!

よろしくお願いしまーーす!

ちょっと前になりますが、今年最初の釣りへ行って来ました。


風もなく、気温も-2度くらいだったんで、いつもの場所へ。


着いたらしょーたろーさんがいて「海が死んどる・・・」とw


たしかに渋すぎ。。。



今年最初のヒットは小さなクロソイでしたw

しかし、一番好きな魚なので嬉しいです。今年もよろしくお願いします。


そのあとは小さなマゾイや小さなガヤばかり。。。


歩いてポイント探していたらワームが落ちてまして、誰だこんなところに捨てたの!

って思いながらこれも何かの縁だと思ってそのワームを使ってみました(笑)



そしたらレギュラーサイズがいきなり釣れるし。今度、このワーム買ってこようw


ここまでで2時間くらい経過していたので体力の限界。体力というか耐寒力の限界。。。


この季節は釣れる時間が限られますよね。。。



うちの癒しワンコのために新しいベッドを買いました。

良い買い物でございました。

昨日、新たな動画をアップしました。


めいへのインタビューの5回目です。

このインタビュー、1時間くらい収録していたんですよ(笑)。

これでも結構削っているんですが何回にも分けないといけなくなりました^^;

しかしまあ、滅多にあることではないし、記念にもなるのでご勘弁ください。。。


今回は2015年と2016年の挫折について話しています。

めいは2011年から本人の実感では負け続きなんですが、そこからなにを得てきたのか。

毎年何を糧にしてきたのか。

そのへんのことが話されています。


めいへのインタビュー4回目をアップしました。


サムネイルにもある通り今回のテーマは「世界一までの7年間を振り返る」。

厳密には2014年までを振り返ってます(長かったので^^;)。


2011年。GBWCが初めて開催され、ここでジュニア日本代表になれたこと。

この運の良さがすべての始まりでした。


運良く世界大会に行けて何を感じたのか。

それからどんな人との出会いがあったのか。


ガンプラの英才教育、などと言われますが実際は最初の運の良さ、そして人に恵まれたということが世界一につながったのだと思います。


ものすごく人見知りで内向的だっためいに、香港で各国ファイナリストが話しかけてくれたから今の社交的なめいがあります。


作品集を見て憧れていた人がアドバイスしてくれたから、めいの「見せる」ジオラマの世界があります。


めいの作品を見て共感したり、写真を撮ってくれる人がいたから、手応えを感じて目標を持てためいがいます。


表彰式で泣いているめいを慰め、「あの子は絶対世界を獲る」と言ってくれた世界王者がいるから、その言葉に自信を持って挫折しても諦めなかっためいがいます。


一緒に受賞して笑い、世界一になったときには泣いて喜んでくれた戦友がいるから、ジュニアのトップに立っても感謝を忘れないめいがいます。


彼女のこれまでを拙い言葉で振り返るめいを見て、僕はそんなことを感じました。


2018年になりました。

今年もよろしくお願いしマース!


収録は結構前になっちゃいましたが、めいへのインタビュー3回目の編集がやっと終わりました^^;

今回はGBWC2017で優勝した『悪魔との契約~最期の代償~』という作品がどのように作られたのかを振り返っています。

塗装の技法的な話もちょっとあるんですが、メインはめいはどんなことを考え、なにに注意を払って作品を作っているのかがわかる受け答えになったんじゃないなかなぁと思います。

のほほんと作っているようでいろいろ考えて作っているんです、意外と。


それにしても、動画のサムネイルって作るの難しいですね。

キャッチーなタイトルを作るのがまず難しい。(僕、タイトルつけるの下手だから時間かかるんです^^;)

キャッチーなあまりに詐欺的なものもどうかと思うし。

かといってマジメな内容ばかりでも見てもらえないし。

優勝作品とかって自分で言うのも嫌なもんだなぁとか思いながら作っていますw

見てもらえなかったら動画を作る意味もあまりないしね。。。


と、いろいろ迷いながらチャンネルを構築しておりますw

2018年もよろしくお願いします!

めいへのインタビュー2回目の動画をアップしました。

今回はめいがこだわり続けたGBWCという大会の魅力についてめいが話してました。

どうして7年間もGBWCに出し続けたのか。

もちろん、世界一がほしかったのでしょうが、それだけじゃなかったみたい。

というより、単純に「世界大会ファイナルに出たい」というのが動機だったようです。

世界大会に出ることがなぜそんなに魅力なのか。

めいなりの考えを話してもらいました。

めいがただしゃべっている動画が続きますが、いましばらくのご辛抱を^^;

このインタビューの中にはガンプラの技術的な話は一切出てきませんが、コンテストで結果を出すための心構え的なものがちょいちょい出てくるかもしれません???